SERVICE

サービス

システムのクラウドネイティブ化

全社のクラウド活用を指揮する司令塔「CCoE」

お客様のクラウド推進を支援しながら、クラウドセンターオブエクセレンス(Cloud Center of Excellence、以下CCoE)を立ち上げます。CCoEは企業におけるクラウド活用の司令塔的存在です。IaaS、PaaS、SaaS、CaaSの各レイヤーの技術動向に精通し、自社にとって最適なクラウド活用のあり方を描き、社内を統制する役割を担います。
CCoEが注目を集める背景にはクラウド独自の世界観があります。クラウドを使いこなすためにはシステムの調達、設計、開発、運用の各場面でオンプレミスとは異なる考え方、新しい視点が必要とされます。クラウドはボタン1つで利用できるため、全体統制を取らなければ無軌道に増殖しかねません。企業の中で活用範囲が広がる今こそ、専門的な知見と全体最適の視点をもった自社におけるクラウド活用の旗振り役を置くべきなのです。

このようなニーズにお応えするサービスです

  • 社内のあちこちでクラウド利用が始まり、収集がつかなくなってきている
  • 既存サービスの運用で忙殺されて、別のクラウドベンダのサービスを使えない
  • コストをかけずにクラウドに行きたいが、進め方がわからない

サービスメニュー

  • クラウドガバナンス体制の構築

    お客様の経営戦略や事業戦略、現行の業務プロセスとシステムに合わせて、目指すべきクラウド活用のあり方とそこに至るまでのロードマップを策定します。システムアーキテクチャ標準の策定やクラウドの利用プロセスの定義、コストパフォーマンスのモニタリング手段の調達など全社のクラウド利用を舵取りするための仕組みを整備します。CCoEを担う組織の立ち上げと人材の採用および育成もご支援します。

    サービス利用の判断基準/アーキテクチャのルール策定/クラウド利用プロセスの標準化/コストパフォーマンスのモニタリング/セキュリティ基準の定義
  • 運用のベストプラクティスの導入・定着

    クラウドは使い方次第で巨大なシステムを少人数で運用できるようになります。ポイントは徹底的な開発・運用作業の効率化です。例えばインフラの自動制御「Infrastructure as Code(IaC)」や、「継続的インテグレーション/継続的デリバリー」などを通じた開発プロセスの自動化によって、オンプレミスでは難しい高効率なシステム運用が可能になります。ウルシステムズが実務担当者に伴走しながら新しい運用スタイルを定着させます。

    Infrastructure as Code/継続的インテグレーション/継続的デリバリー/運用業務の効率化/インフラの共通化/可観測性の確保
  • レガシーシステムの移行プラン策定

    クラウド移行を進める上で最大の難関がレガシーシステムの取り扱いです。ウルシステムズは豊富なクラウド導入実績をもとに、お客様の環境に合わせた最適解をご提案します。業務システムを一から作りなおす「クラウドシフト」や、IaaSへの単純移行「クラウドリフト」、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」、あるいは「オンプレミスへの残置」などあらゆる可能性を検討します。

    クラウドリフト/クラウドシフト/マルチクラウド/パブリッククラウド
  • 技術アドバイザリー

    クラウドは未だ進化の途上です。新たなサービスが次々と誕生し、課題が発見され、ベストプラクティスが編み出されています。例えば、複数のクラウド事業者のサービスを使い分けるのが主流になりつつあります。マルチクラウド時代には事業者を跨いだ運用が必要になります。状況は常に変化しておりアップデートが必要です。ウルシステムズの最新技術へのキャッチアップに⻑けたトップアーキテクトがCCoEを支援します。

    コンテナ/マイクロサービス/DevOps/SRE/マルチクラウド/可観測性

ウルシステムズの特長

  • 実行まで支援します

    実行まで支援します

    ウルシステムズのコンサルティングの特徴は「実行まで支援すること」。CCoEの活動を軌道に乗せるまでには多数のハードルがあります。クラウドに対する不安をどう払拭するか、レガシーシステムをどう取り扱うか、現場のニーズとガバナンスをどうバランスさせるか。こうした1つひとつの課題をお客様とともに解決し、ゴール到達を目指します。

    実行まで支援します
  • 中立の立場で最適な解決策を提案します

    中立の立場で最適な解決策を提案します

    ウルシステムズは特定のサービスやソリューションに依存しません。Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloudといった主要サービスはもちろん、あらゆるクラウドサービスに対応可能です。特定の解決策に誘導することなく、お客様のゴール到達に向けて常に中立的な立場で最適なサービスを選択します。

    中立の立場で最適な解決策を提案します
  • バランスが取れた現実解を提案します

    バランスが取れた現実解を提案します

    ウルシステムズは創業来、「攻めのIT」を一貫して支援してきました。攻めのITの推進役に求められるのは、ビジネスとテクノロジーの双方に関する知見です。技術を軽視した机上の空論でもなく、ソリューション導入ありきの提案でもなく、経営計画や事業戦略と業務プロセス、業務システムに整合する現実解を私達は提示できます。

    バランスが取れた現実解を提案します