本気のビジネスを支援する
デジタルの
プロフェッショナル集団
ABOUT UL Systems
SCROLL

ウルシステムズは「攻めのIT」に特化したITコンサルティングカンパニーです。
新規サービスの創出や業務プロセスの刷新など、
ビジネスにインパクトを与えるIT投資をサポートしています。

そんな私たちが、貫いているポリシーが2つあります。
それは、「二刀流」×「発注側支援」です。

ビジネスにインパクトを与える攻めのITに、画一化されたパターンはありません。
発注者の数だけ価値観があり、発注者の数だけ強みがあり、発注者の数だけ課題があります。

発注者と共に考え、実現方法を導き出す。
そのために必要なのが、 「二刀流」×「発注側支援」なのです。

私たちが貫くポリシー
二刀流 発注側支援
攻めのITのテーマ例
  • バリューチェーン全体のデジタル最適化
  • デジタルを活用した新しい商習慣の創出
  • ブロックチェーン活用による物流高度化
  • AI・ロボティクス活用による研究開発の成功率向上
  • デジタル変革を実現するための自社組織改革と人材採用
  • グループ横断のデータ利活用プラットフォーム構築
「二刀流」とは?
作るべきモノが明確な「守りのIT」と違って、「攻めのIT」は目指すゴールを明らかにするところから始まります。
お客様が抱えるアイディアや課題を整理・分析し、解決策を生み出す力が求められます。最終的には具体的な業務プロセスやシステムに落とし込む必要がありますから、システムの設計・開発に関する知見も欠かせません。
攻めのITをリードできる人材とは技術トレンドやシステム開発に精通したコンサルタント、言い換えればビジネス課題に解決策を提示できるエンジニアなのです。それを私達は「二刀流」と表現しています。
  • アイディアや課題を整理・分析し解決策を生み出す力

    アイディアや課題を
    整理・分析し
    解決策を生み出す力

  • システムの設計・開発に関する知見

    システムの
    設計・開発に関する
    知見

「二刀流」を
実現させるための取り組み
  • 全員がエンジニアであり
    コンサルタント

    ウルシステムズは、コンサルタントとエンジニアで職種や組織を分けて考えていません。全員がエンジニアでありコンサルタントです。判断基準や思考回路が異なるため、エンジニアがコンサルタントの視点を身につけるのは容易ではありません。エンジニア出身の中途入社者でも、研修・OJTを繰り返しながら、2年程度の時間を要します。それでもエンジニアがコンサルタントを兼任することにこだわっています。
    全員がエンジニアでありコンサルタントだから、できることがあるからです。このできることこそが、私たちが顧客に提供できる価値に繋がっています。

    全員がエンジニアであり、
    コンサルタントだからできること
    • ビジネスサイドとITサイドの
      意思疎通の促進
    • 抽象的なあるべき論
      ではなく
      実現性のある
      具体的な計画
    • 先端技術を取り入れた
      ビジネス課題解決策の提示
    • 目標達成の勘所をつかんだ
      プロジェクトスコープの設定
    • 齟齬がなく、持ち帰りのない
      スピーディな
      コミュニケーション
    • テクノロジー導入に伴う
      ワークスタイルシフトの主導
    • 実装段階で
      やりなおし不要の
      要件定義
    • プロジェクト
      完了後に
      発注側が自走できる
      システム設計
    • 発注側の事情や
      現場の気持ちを
      理解した
      システム設計
  • 必勝チームを編成する

    「必勝チームを編成できて、初めてお客様に提案できる」これがウルシステムズの提案ルールです。
    二刀流を身につけたコンサルタントは、それぞれの得意分野を持っています。その得意分野の多さが、ウルシステムズの強みとなっています。「プロジェクトの要件」と「コンサルタントの得意」をマッチングしたチームを編成して、プロジェクトがスタートします。

    必勝チームを編成する
  • 技術を重視した採用活動

    二刀流を実現させるために採用は重要な要素となります。新卒採用では「ITコンサルタント」ではなく「ビジネス課題を解決するエンジニア」として募集しています。コンサルティングだけをやりたい人材ではなく、しっかりと技術の裏付けを持ちたいと考える人材を採用しています。
    中途採用では基本的にシステム開発の実務経験を持っている人材しか採用しません。「業務アプリケーションのスクラッチ開発を経験していること」「特定の解決策ありきではなく、ゼロからモノを作った経験があること」が条件となります。それに加えて、お客様のビジネスに貢献したいという顧客志向を持っているかどうかも大切にしています。結果的に非常に厳しい採用要件となりますが、この要件をクリアし、ウルシステムズの教育を受けた人材だけが、プロジェクトに参画します。

    技術を重視した採用活動
「発注側支援」とは?
ビジネスインパクトをもたらす「攻めのIT」は常に高難度なプロジェクトです。成否を決めるのはメンバーの当事者意識。どれだけ知見が豊富でもコミットしない評論家は頼りにはなりません。どれだけ大規模でも指示待ちのチームならば何の役に立ちません。
自分以上にプロジェクトのことを考えている人間はいない。そう考えるメンバーを揃えることがチャレンジングなプロジェクト成功のために何よりも大切なのです。
お客様以上にプロジェクトの成功を見据えて活動する。そんな強烈な当事者意識を「発注側支援」という言葉に込めて表現しています。
お客様以上に
プロジェクト成功を
見据えてコミット
「発注側支援」の礎となる私たちの考え方
  • 顧客へのコミットという創業原点

    2000年の創業以来、代表が終始一貫して言い続けているのが、顧客へのフルコミットです。メンバーは、そこに惹かれて入社しています。そして、顧客へのフルコミットを細分化し、具体化したものが「やらないことリスト」です。創業以来、私たちは「やらないことリスト」を守り続けています。

    やらないことリスト
    • 実現不可能"口だけ"コンサル
    • 自社受注目的の
      作為的コンサル
    • 単なるパッケージ導入
    • 言われた通りに作るだけ
    • パートナーへの丸投げ
    • 安くて悪い人月ビジネス
    • 仕入れて売るだけ
    • お客様のためにならない
      IT導入
    • 単なる人材派遣
    • 技術者の
      自己満足だけの仕事
    • 挑戦なき保身、
      やらない言い訳
    • 質の低い仕事・責任転嫁
  • 目標達成にコミットする

    私たちは、お客様が本来の目的を達成することにフォーカスして、プロジェクトに参画します。そのために必要であれば、顧客にも直言をします。売上を上げるという営業都合のために、本来の目的を横に置いておくことはしません。それが原因で、私たちがプロジェクトから外れてしまっても仕方ない。顧客と共に目標を追いかけることが、私たちの仕事です。

  • 直接契約にこだわる

    私たちがお受けするプロジェクトは、100%直接契約です。直接やりとりできなければ、目標の達成を約束できません。プロジェクトの目標を達成することは簡単なことではありません。顧客と直接やりとりができなければ、コミュニケーションも、そこでご提案できる解決策の質も高まりません。だから、私たちは直接契約にこだわっています。

  • 急拡大は目指さない

    いい仕事をするために重要なことは「規模の追求ではなく、同じDNAを持ったメンバーが何人いるか?」だと考えています。急成長や仕事の幅を広げるために、急拡大をすることよりも、目的を同じくするメンバーとの出会いを大切にしています。発注側支援という視点を持っているメンバーを厳選して採用しています。

  • 現場を無視した数字を追わない

    現場を無視した数字先行の売上目標は立てません。過度な売上目標や、それに起因した重圧は、案件の選択基準を狂わせ、コンサルタントの提案にひずみをもたらしかねません。発注側支援という顧客視点を持つことと、現場で働くコンサルタントの闊達な活動を守ることは、相関関係にあると考えています。