PROJECT

プロジェクト事例

基幹システムの全面クラウド移行と内製チーム立ち上げ

情報サービス業様

基幹システムの全面クラウド移行と内製チーム立ち上げ

サービス
デジタル組織育成

サマリー

お客様はレガシー技術で構築した基幹システムを20年ぶりに刷新し、技術進歩の恩恵を享受するとともに、システム内製チームを立ち上げて俊敏かつ柔軟なサービス展開を可能にしようとお考えでした。ウルシステムズはアーキテクチャ設計、プロジェクトマネジメント支援、技術アドバイザリーを通じてお客様のシステム改革を成功に導きました。

背景

お客様は国内外の経済情報を集約し、リアルタイム配信する情報サービス業です。主力サービスを支える基幹システムは構築から二十数年が経過。テクノロジーや開発手法の進歩から長らく距離を置いた結果、開発生産性や運用効率、外部システム連携に課題を抱えていました。今後の事業展開を見据えてシステムの全面刷新を決断。大規模プロジェクトのマネジメント経験や最新テクノロジーの知見を補うためウルシステムズに支援を要請しました。

提案方針・活動内容

基幹システム刷新を主導するCIOは、最新のテクノロジーおよび開発手法を積極的に活用したいとお考えでした。具体的にはシステムインフラをクラウドに全面移行。マイクロサービスアーキテクチャを採用し、システムの運用性と変更容易性を高める。内製チームを新たに立ち上げて継続的にシステムを強化する体制を整えるといったものです。

ウルシステムズはお客様のビジネス環境や事業方針を踏まえて、次世代基幹システムのアーキテクチャをデザイン。開発実務は内製チームと協力ベンダーを主体としつつ、プロジェクト全体のマネジメントと内製チームへのスキルトランスファーを担いました。お客様にとって重要性の高い技術分野、GraphQLインターフェース、SRE(Site Reliability Engineering:サイト信頼性エンジニアリング)、認証認可については技術アドバイザリーも実施しました。

新システムの再構築に伴い、最大のハードルとなったのは現場メンバーからの支持でした。新たなシステムアーキテクチャに対して、「最新技術に切り替える必要性を感じない」「慣れ親しんだ技術の方が扱いやすい」といった反対の声が上がっていました。ウルシステムズはCIOとともに現場メンバーへのレクチャーを実施。さらに最新テクノロジーを使った小規模なシステム開発を実施し、メンバーの腹落ち感を醸成しながらプロジェクトを推進しました。

結果

環境変化に伴う現場の抵抗を最小化しつつ、システムの全面的なクラウド移行を完了。自社データセンターを廃止し、大幅なコスト削減を実現しました。プロジェクトを通じてスキルトランスファーも実施。プロジェクト終了後、お客様が自らシステムを強化する体制を整えました。