プレスリリース

ウルシステムズ、米国TigerGraph社の国内初のテクノロジーパートナーに認定、 プロフェッショナルサービスを提供開始

ウルシステムズ株式会社
2018年09月21日

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は米国TigerGraph社の国内初のテクノロジーパートナーに認定されました。本日より同社のグラフデータベース「TigerGraph」に関するプロフェッショナルサービスを提供します。

TigerGraphはエンタープライズ分野での利用を想定して設計されたグラフデータベースです。人間関係や配送経路のような「物事の関係性」をグラフ構造で表現することができます。これまでのデータベースでは不可能だった、データ同士の“複雑で深いつながり”の分析が可能になります。ウーバーやビザ、アリペイ、チャイナモバイルといった企業での導入実績を持っています。

ウルシステムズは先進的ITの構築に関する豊富な知見を活かし、TigerGraphの活用を支援するプロフェッショナルサービスを提供いたします。サービスメニューは以下の通りです。

  • 概念実証(Proof of Concept)の実施
  • TigerGraphに関する技術コンサルティング
  • TigerGraphを使った業務システムの設計・構築

TigerGraph社創立者兼CEOのYU XU様から以下のコメントをいただいています。
「TigerGraph社は、今回のウルシステムズとのテクノロジーパートナーシップを歓迎します。グラフデータベース技術を用いて、お客様が新たなビジネス成果を享受できるよう、期待しております。両社の協力により、高性能なグラフデータベース技術による最先端の価値あるデータ分析ソリューションを日本のお客様に提供してまいります。」

ウルシステムズはユーザー企業の最先端テクノロジー活用を積極的に支援してまいります。

お問い合わせ

ウルシステムズに関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。