社員インタビュー

PM支援コンサルタント/ITアーキテクト

なりたい自分に挑戦するチャンスが無数に転がっている

小西 / Konishi
PM支援コンサルタント/ITアーキテクト

新卒で入社したのは独立系SIerで2次受けが中心だったので、お客様と直接やり取りがなく、技術者としてステップアップするため、 転職を考えるようになりました。ウルシステムズに入社を決めたのは、他のITコンサルティング会社とは異なり、 技術でも「とがって」いるイメージがあり、「ここでならコンサルタントとしての道も、技術のスペシャリストとしての道も選べる」と考えたからです。

最初の半年はネット広告業の販売管理システム構築プロジェクトで、要件定義から携わりました。 その後、専門商社のBPRとともに基幹システムをリプレイスするという大規模プロジェクトに、約2年携わりました。 このプロジェクトで初めて、コンサルタントとして業務を分析し改善を提案するという、 超上流工程のプロジェクトに取り組みました。現場の方にヒアリングして業務上の課題を抽出し、 改善案を資料にまとめるのですが、初めてのため、骨子を作るだけでも一苦労。 何度も資料を作っては先輩に見てもらうことを繰り返しました。この超上流工程に携わった半年間は挫折も味わい、本当に苦しい期間でしたが、非常に多くのことを学びました。

システム化のフェーズに入ってからは、これまでに培った開発の知識や経験が生かせるのですが、とはいえアーキテクチャの設計から携わるため、データフローなどAs-Isを分析するだけでも3カ月もかかるという大規模なもので、これも初めての経験でした。 最後にはシステムのリリースによって業務の自動化が実現し、 お客様から「人材をより重要な業務に配することができるようになった」と感謝の言葉をいただきました。 苦労はしましたが、達成感とともに自信も得ることができました。 全く経験がない領域へのチャレンジは、最初は無謀とも思いましたが、そういったチャレンジが与えられたからこそ、 大きな成長を実感できました。この2年間のプロジェクトで、ITコンサルタントとしての視点が自然と身に付いたと思います。 特に、プロジェクトの歯車ではなくプロジェクトをどう動かすか考えてリードし、新しい価値を生み出すことができるようになりました。

ウルシステムズの中で私は若手の部類に属しますが、年齢に関係なくそういうスキルが身に付くようなチャンスをどんどん与えてもらいました。 ここは、「こんな自分になりたい」という想いがある若い人が、思い切りチャレンジし成長できる会社だと思います。 私も入社した当初は漠然と技術者としての道を極めたいと思っていましたが、業務コンサルやPMOなど、 さまざまな経験をしていくうちに、今ではゼネラリストとしてステップアップしたいと考えるようになりました。 「なりたい自分」にチャレンジする、そのチャンスがたくさん転がっている環境だと思います。

お問い合わせ

キャリア採用に関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。