プレスリリース

ウルシステムズ、内製化支援推進AWSパートナーに参画

ユーザー企業主導のデジタルトランスフォーメーションを強力にサポート

ウルシステムズ株式会社
2021年03月23日

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は3月23日、アマゾンウェブサービス(以下、AWS)の「内製化支援推進AWSパートナー」に参画いたしました。

昨今、多くの企業がITを活用したビジネス変革、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)に取り組んでいます。DXを推進する上で避けて通れないのが「ベンダー丸投げ」からの脱却です。国内ではIT人材がベンダー側に偏在しているため、IT投資に関してベンダーへの依存を余儀なくされているユーザー企業が珍しくありません。しかし、新たなビジネスの姿を描くためにはユーザー企業自らITの可能性や制約条件を把握し、企画・構想を主導する必要があります。

こうした状況を受けてAWSはこのほどユーザー企業向けに内製化支援プログラムを提供開始しました。IT投資のイニシアチブを握るために必要な知識やノウハウをAWSおよびAWSパートナー企業が伝授するものです。中核となる「ANGEL Dojo( APN Next Generation Engineer Leaders Dojo )」では熟練エンジニアによるサポートの下、ユーザー企業のエンジニアが新規サービスのプロトタイプを3カ月間で作り上げます。Amazonが実践するメソッド「Working Backwards」によるサービス企画や、システムの設計・開発に関する基礎トレーニング、AWSが展開するクラウドサービスの解説、実際のシステム開発の支援などで構成します。

今回、ウルシステムズはユーザー企業の発注力強化やAWSのクラウドサービスを活用した先進的なシステムの設計・開発の実績が高く評価され、内製化支援推進AWSパートナーとして参画することになりました。今後、AWSとともにユーザー企業主導のDXを強力にサポートしてまいります。

アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国およびその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お問い合わせ

ウルシステムズに関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。