お問い合わせ

プロジェクトマネジメント支援

プロジェクトの成否は発注者次第です。

システム開発会社にお任せしたら、あとはシステムが出来上がるのを待つだけ。そう思っていませんか。実はシステム開発プロジェクトは始まってからが本番。発注者がやるべきことは山のようにあります。関係者の要求のとりまとめ、設計書やテスト結果のレビュー、受入テストや現場の教育、業務やシステムの移行の段取り・・・。開発作業の進捗状況にも目を光らせる必要があります。発注側のプロジェクトマネジメント力がプロジェクトの成否を分けるといっても過言ではありません。

発注者側でプロジェクトを推進します。

ウルシステムズは発注側のプロジェクトマネジメントを支援します。スケジュールやドキュメントの管理はもちろん、ステークホルダーのとりまとめや成果物のレビュー、課題の原因分析&根本解決、さらには意思決定などプロジェクトの成功に必要なあらゆる実務をこなします。ウォーターフォール型の大規模開発はもちろん、アジャイル型の短期高速開発に関しても深い知見と豊富な実績を持っています。

要件整理から開発ベンダー選定までプロジェクトの立ち上げを支援します。綿密なヒアリングを通してシステムの構想を理解し、ビジネスロジックやデータモデル、運用、移行などの実装方針、ベンダーの評価軸を設定。実装レベルに踏み込んだRFPを作成することで、開発ベンダーから質の高い提案内容・見積もりを獲得します。

お客様側のプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)として開発プロジェクトを推進します。当事者としてプロジェクトに参加することで、課題やリスクに対して直接的かつ具体的な対策を立案・実行することが可能となります。プロジェクト期間中、貴社メンバーにOJT形式でマネジメントノウハウを移転することも可能です。

現在進行中のプロジェクトの運営状況を第三者の視点で客観的に評価、レポートします。問題がある場合は改善案も合わせて提示します。当事者には見えにくい問題、当事者間では話し合いにくい問題を見える化することが可能です。プロジェクトがうまく行っていない気がする。そんな不安があるときにご利用ください。

サービスにご興味をお持ちいただけた場合は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。情報収集の段階でも全く構いません。お客様の状況に合わせて情報をご提供します。

必須
必須
任意
必須
必須
任意

本フォームに入力された情報は当社のプライバシーポリシーに基づき管理いたします。ご利用にあたっては同ポリシーにご同意いただいたものとみなします。