お客様事例

東邦チタニウム株式会社 様

業務改革を遂行し、建設中の新工場にて生産管理システムを稼働

背景と課題

大手チタン製造業の東邦チタニウム様は、「世界最強のチタン総合メーカーを目指す」という目的のもと、工場の生産能力を最適化する効率的な業務の流れを策定するとともに、業務遂行を全体最適の視点から強力に支援する情報システムの構築が喫緊の課題であると考えておられました。

更に、東邦チタニウム様は、昨今の金属チタンに対するユーザーニーズの増加に対応するため、広幅・大単重の世界最大のインゴットを製造可能とする新工場の建設に着手しておられました。既存のチタンインゴット工場、及び建設中の新工場を含めた全社的な生産管理業務の改革と、これを支援する生産管理システムの構築。これがプロジェクトのミッションでした。

ご支援内容とプロジェクトの成果

あるべき業務の姿を視覚化し、部門間の合意を形成する

弊社は、ユーザ部門とIT部門が協働して目指すべき業務の姿をしっかりと描くことに重点を置き、ご支援を行いました。あるべき業務の姿に基づくシステム要件をUMLで記述し、視覚的なモデルとして共有することで、部門間の合意形成における質とスピードが向上しました。

また、業務分析とシステム実現可能性の検証を並行して実施することで、システム化可能な解決策を、業務分析にフィードバックでき、無理・ムダのない要件定義を実現することに成功しました。

アジャイル開発で現場と一体となってシステム開発

システム開発において東邦チタニウム様が求められていたのは、「現場の意見を尊重して新しい業務の流れや機能の使い勝手を確認しながらシステム構築を進め、段階的に成長させてゆくこと」でした。そこで弊社は、1ヶ月単位での開発を繰り返すことによって、ユーザーからのフィードバックを取り込み、段階的に基幹システムの仕上げを行うアジャイル開発手法を採用しました。

これにより、ユーザ部門とIT部門の協調体制は更に強化され、再定義された生産管理業務と、業務改革を可能にする生産管理システムを構築し新工場の操業開始に合わせて稼働させることができました。この新しい生産管理システムは新工場だけでなく既存工場においても順次稼働を開始し、チタンインゴットの増産体制の確立に貢献しています。

また、このプロジェクトの成功により、東邦チタニウム様では、他事業におけるシステム構築においても同じ方法論を採用すべく検討が進められています。

お客様のプロファイル

社名 東邦チタニウム株式会社
設立 1953年8月
所在地 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-3-5
資本金 約4,812百万円(2008年3月31日現在)
売上高 約44,904百万円(2008年3月期・連結)
従業員数 799人(連結)(2008年3月31日現在)
URL http://www.toho-titanium.co.jp/
事業内容
  • 金属チタンの製造・販売
  • 電子セラミックス原料の製造・販売
  • プロピレン重合用触媒の製造・販売

お問い合わせ

ウルシステムズに関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。