お客様事例

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)様

ユーザー主導開発で基幹システムを刷新、最先端の高速処理化を実現

背景と課題

日本のFX事業の先駆者であるマネースクウェア・ジャパン(M2J)様は、今後の中長期的な成長戦略を睨み、IT投資の見直しと、これに伴う基幹システムの刷新の必要性を感じておられました。しかしながら、「現行システムが持つ独自の注文方式をそのまま活かしつつ、価格生成に加えて値洗い処理も高速化する」という要求を実現するための選択肢は多くはありませんでした。

1つ目の選択肢である「システムの全面刷新」を行えば、膨大なシステム投資が必要となります。次善の案である「市販パッケージの導入」では、同業他社との差別化が図りにくく、同社の特長を欠いてしまいかねないとの懸念がありました。

ご支援内容とプロジェクトの成果

第三の選択肢——短納期・低コストなアジャイル・リフォームをご提案

弊社は、まずは、最もビジネス上の重要性が高い「ディーリング業務」に的を絞って高速化を図るという「部分再構築」をご提案しました。
新システムに対する要求で真に重要な部分をM2J様と共に選定し、順次システムの刷新を進めた結果、プロジェクトの開始から4ヶ月で全面再構築を完了し、従来比約10倍という飛躍的な処理能力の向上を実現することができました。

アジャイル・リフォームの勘所

まずは、M2J様と共に「ビジネスの要求を実現するために、システム上、真に重要な部分は何か?」を考え、同時に弊社は、業務要件からM2J様独自のビジネスルールを実現している現行システムの仕様を紐解きました。その上で、独自の発注システムはそのまま残し、基幹システムの内部構造のみを再設計することで、短期間のうちに目的を達成するシステム刷新を実現しました。

また、開発コストは、既存システムに比較して、約3分の1まで圧縮することができました。

お客様のプロファイル

社名
株式会社マネースクウェア・ジャパン
設立
平成14年10月10日
所在地
東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館9F
資本金
1,224,005,000円(平成21年9月30日現在)
URL
http://www.m2j.co.jp/
事業内容
第一種金融商品取引業等(主に外国為替証拠金取引(FX取引)業)

お問い合わせ

ウルシステムズに関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。