お客様事例

株式会社ディーツー コミュニケーションズ(D2C)様

検索連動型広告サーチ配信システムを全面刷新

背景と課題

世界初のモバイル広告事業会社であるD2C様は、主力事業を支えるNTTドコモの公式ポータル「iMenu®」上で提供する検索連動型広告「D2Cリスティング広告iMenu®サーチ(β版)」の配信システムの構築を開始しておられました。
ビジネスにおけるシステムの重要性は非常に高く、また規模も大きいことから、D2C様は、大規模システムのマネジメントができるプロジェクト管理能力と、ミリ秒単位の高い性能要求を実現できる品質管理能力を併せ持つパートナーを探しておられました。

ご支援内容とプロジェクトの成果

「ユーザー主導開発(ULSD)」のポリシーに基づく、強力なベンダ・コントロール

  1. 弊社の提唱する「ユーザ主導開発(ULSD)」のポリシーに基づき、弊社のメンバーは発注側のメンバーとして1,000人月を超える大規模プロジェクトに参画し、プロジェクトマネジメントをご支援しました。
  2. 特に、リリース間近においては、微細な要件の調整や作業の優先順位をD2C様とともに即断即決し、開発担当者の「待ち時間」を排除することによりメンバーのパフォーマンス最大化を図ることに注力しました。

ベンダと目的と役割を共有する

関係する開発ベンダー各社が、ビジネス及びシステム全体の目的や役割などを十分に理解してシステム構築を進められるよう、合同説明会を開催しました。「発注側が何故システムを構築するのか」の意図をプロジェクトメンバー全体へ展開したことにより、業務やサービスへの理解度レベルをが上げることに成功しました。

きめ細かな品質管理

品質管理についても、発注側の立場から、ベンダが作成する成果物の実現性を検証しました。アプリケーションや、インフラ、運用の各種設計書のすべてを細かくレビューした上で、機能・非機能の実現性を検証した上で、D2C様とともに機能の振る舞いが要求を充足していることを一つ一つ確認しました。こうした品質向上施策とプロジェクトマネジメントの実践により、発注側が真に必要とするシステムを、1年という短期間のうちに予算内で構築することができました。

※「iMenu」は、株式会社 NTT ドコモの登録商標です。

お客様のプロファイル

社名 株式会社ディーツー コミュニケーションズ
設立 2000年6月1日
所在地 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル18階
資本金 9億8,000万円(2010年9月末日現在)
事業内容
  • メディア事業
  • メディアレップ事業
  • モバイルソリューション事業など
  • モバイルマーケティングビジネス全般
URL http://www.d2c.co.jp

お問い合わせ

ウルシステムズに関するお問い合わせは以下のページからどうぞ。